不動産屋さんに行って土地探し

不動産バブルというものは

不動産バブルというものは、経済が好調になるとそこそこ起きる可能性があります。日本の場合は、1980年代に起きたのです。このときには証券の価値も上がり、そして、不動産も上がったのです。こうしたときには住まいを購入するのがとても難しいことになります。しかし、借りることはそれなりにできます。それでも高くなっていることは確かですから、少しは少々高めの出費を計算しておくとよいです。お金がかかっていることですから、とても慎重になって行動する必要があります。住まいが高騰している、というよりは地価が高騰していて、付随して家賃も高騰してしまっているわけです。それでも住むところはないとどうしようもないですから、じっくりと探すことです。

バブルのときには不動産投資をすることを勧められることがありますが、基本的には一般人は嵐が収まるのを待ったほうがよいです。それが基本的な行動原則であるといえます。確かに高くなっているわけですから、投資をしない手はないのですが、それは資産家である場合です。あくまで一般人は好調な景気で稼いで、不動産はバブルが弾けてから、つまりは安くなってから買うようにしたほうがよいです。それが賢明です。

Copyright (C)2017不動産屋さんに行って土地探し.All rights reserved.