不動産屋さんに行って土地探し

不動産というのは活用してこそ意味がある

既に殆ど見つかることはありませんが、資源がある不動産、つまり、山とか川なんかも立派な財産です。資源がある、というのは、それを所有権を持っている人が自由にしてよい、ということになります。今ではまったくといっていいほど採算がとれないですが、鉱山なんかはそれだけで一家の成型を支えるどころか何百人、何千人という単位の人の稼ぎを生み出すことができる会社を作ることができるくらいです。しかし、普通の人は不動産はまずは住まいに使うことになります。つまりは、住宅、ということです。マンションによせ、一戸建てにせよ、とにかく住まいがあるというのは有難いことであるといえます。人から借りる必要はありませんから、家賃を支払う必要がないわけですから、大きなメリットであるといえます。固定資産税などはかかりますが、それでもメリットのほうが大きいことが多いです。

或いは余っているのであれば、人に貸す、という手段もあります。これによって、利益を生み出すことができるわけです。不動産と言うのは、様々な活用法があるのです。住まいとして使うこともできますし、資源があればそれが取れます。人に貸して、そこそこの金銭を貰うこともできるのです。

Copyright (C)2017不動産屋さんに行って土地探し.All rights reserved.