不動産屋さんに行って土地探し

分譲不動産というものは

分譲不動産というものがあります。これは要するに分割譲渡の略称であり、大きな土地をいくつかの区画にわけて整備して、住宅を造り、そして売ることをいいます。マンションのことを指すと思っている人が居ますが、戸建ての住宅もあります。大きな土地をわけて、そこに戸建てをいくつか作るわけです。分けて売るから、分譲なわけです。戸建ての場合は、当然のことですが、土地と建物の所有権を得ることができます。マンションの場合は、あくまで土地建物は区画所有、ということになります。また、管理会社などに管理をお願いすることにもありますから、注意が必要です。

それぞれにメリットがあるのですが、必ずしも分譲マンションのほうが安い、ということはありませんし、分譲住宅のほうが高い、ということもないです。はっきりいって、その土地や施設などによる、ということです。多くの住宅が分譲で販売されています。例えば、一度分譲の住宅を購入して、次にそれを転売するときには分譲はいいませんから、それは勘違いしないことです。別にわけていないからです。あくまで土地なり建物を分割していることであることをよく理解しておくことです。不動産売買の用語としてはよく出てくるものです。

オススメワード

Copyright (C)2017不動産屋さんに行って土地探し.All rights reserved.